ピンクとキラキラ

25歳女が日々思う、分かりきったこと

ハートのキュウリと自意識

 

犬が毎日、ほぼ寝てる。

f:id:stndk03:20170721184116j:image

死んだように寝ているので、心配になってたまに安否確認のために起こすけど、目だけ開けて「暑いからおきたくない…寝させてくれ…」

とつぶらな瞳で訴えて来る。

起き上がったかと思えば、それまでより涼しい場所を探してはまた寝そべり、目を瞑る。

 

犬はいいなぁ、気楽で。

 

わたしも、誰かに「いいなぁ、気楽で」と思われてるんだろうか、なんて考える。

 

学生の頃だったら、心の中で、猛抗議していたと思う。

なんであなたに気楽だと決めつけられなきゃいけないんだ、人の大変さを決めつけるな、とか言って。心の中でね。

 

いまでも、言われたら腹は立つけど、なんだか「ラッキー」と思えるようになった。かもしれない。

わたしはまあ、多分それなりに頑張って生きてるんだけど(自己肯定力)、その必死さが表に出ていないというのは、

まだまだ余力があるってことだし

競争相手を油断させられるってことだし

涼しい顔して頑張るというのは、なかなかカッコいいんじゃない。

とか思っちゃう。

 

必死さというのは、滲みでりゃいいってもんじゃない。

もちろん、時に滲み出た必死さはカッコいいけれど。

気楽だなと思われてるんなら、涼しい顔して成果だそうと思う。

 

 人と接する時に見えるものを額面通り受け取るのは簡単だけど、見えてるもののその奥にある努力とか大変さを想像することは、マナーであり思いやりだよな、と思います。

それが難しい時は、せめてそこを決めつけないようにしたい。

 

そんなことを言いながら、人にどう思われるか必死に考えてしまうのですけどね。

相手の想像力って、なかなか信頼するのは難しい。

気楽って思われたくなくて、頑張ってますアピールをついつい挟んじゃったりする自分がいる。

難しい25歳の自意識。

 

まあ、だから人のことを簡単に「いいなぁ、気楽で」って言っちゃう人って、浅はか?と思ってしまう。 

あ、ブーメラン。

わたしが言ったのは犬に対してだから、ちょっとは許してほしい。

 

そもそもこの文章がお気楽な気がしてきた。

 

 

今日の家族の夕飯、

なすと豚肉の胡麻味噌炒め

きゅうりとジャコのポン酢和え

トマトのおひたし

という三大夏野菜おかずにした。

 

我ながら天才的メニューだからSNSにでもあげて料理してますアピールでもしようかと思ったら、完成形を写真に撮るの忘れた。

 

f:id:stndk03:20170721202503j:image

 

近所のおばあちゃんからもらったキュウリ、断面がハートだった。

 

これはちょっと、ハートとか柄じゃなくて恥ずかしくてSNSには上げられないな。

 

25歳、自意識の壁は高い。