ピンクとキラキラ

こんにちは、25歳女が日々思うことなどを書きます。

面白い話をしてって言われた話

先月の私の誕生日に彼氏と温泉に行った。

 

温泉に行く途中、結構長い山道を車で走らなきゃならなかった。

運転手の彼氏を飽きさせないために、山道に合う曲をセレクトして流しては、その曲の好きなところを話していたんだけど、だんだんネタも尽きてきたし、だいたい山道に合う曲でもなくなってきて、おまけに彼氏に「ラジオかよ」と言われたのでやめた。

多分5曲くらいしか流していない。

 

その時。

彼氏が「なんか面白い話して」と言った。

私はsiriじゃねえよ、とキレそうになったけどなんとかこたえた。

そのフリで本当に面白い話できる人今まで3人くらいしかみたことない。

 

ムカついたので、元カレの話をしてやろうと思った。

 

私と彼が出会ったのは15歳の春。中学校の同級生の紹介で、1つ上の学年の彼と知り合った。

最初は友達交えてあっていたのだけれど、だんだん気になる存在になってきて、私からデートに誘った。「バイクに乗せてください」ってメールした。

彼はバイクが大好きで、よく後ろに乗せてもらって、他の仲間とツーリングに行っていた。

初めて2人で会った時、彼はなかなか視線を合わせてくれなくて、落ち込んでいたけど、その日の最後に気づいた。彼の耳が真っ赤なことに。彼は照れていて目が合わせられないのだ。

そこで崖から突き落とされたみたいに、決定的に恋に落ちた。

よく覚えていているのは松島の海岸沿いを走ったこと。公園を見つけて、海に浮かぶ西日を眺めながら告白された。

初めてキスしたのも海。「あ、くじら!」と言われて海の方見たら、不意打ちでされた。照れ笑いがめっちゃ好きだった。

私が17歳になる誕生日、喧嘩をした。

きっかけは些細なこと。2人でご飯を食べ終わってコーヒーを飲んでいた時。何となく会話が落ち着いて沈黙だった。

別に私は沈黙が嫌いではない。

彼と一緒にいる空気が好きだったから。

なのに。彼は言った。

「うーん、なんか面白い話して!」

若い私は戸惑った。面白い話?私が最近笑ったことでいいんだろうか?でも、それが何で面白かったのか、うまく説明できる気がしないし、そもそも説明したら面白くない。かと言って、漫談のように器用にストーリーを瞬時に段取ることも出来ない。そもそも、これで滑ったら?私の誕生日が気まずい雰囲気で終わらない?

と、迷いながら、私は最近母が、山下智久のあだ名が山Pであることから、亀梨和也を亀Pと呼んでいる話をした。

そうしたら、彼は「え?あ、話終わり?あぁ…そうなんだ」と。

これが後々まで後を引き別れの原因に…

 

ここまできて彼氏がようやく、この話が作り話であることに気づき、私の妄想元カレ話は終わった。

 

人に、面白い話をして、という雑なフリをするのはやめましょうね。

 

彼氏は「でも、割と面白かったよ」と笑っていた。

 

私はお前のラジオじゃねえ

ま、いいけど。

 

RADIO

RADIO

ルキンフォー

ルキンフォー

どうでもよすぎ

どうでもよすぎ

Winding Road

Winding Road

全然山道に合う曲じゃない気がしてきた