ピンクとキラキラ

25歳女が日々思う、分かりきったこと

夏の思い出

8月2日、東京に住んでいる大好きな友達が仙台に遊びに来た。

この日を今か今かと楽しみに待っていた。この夏の一大イベントと言ってもいい。

 

車で仙台駅に向かう間、その友達と出会った頃を思い出していた。

 

大学入学前、池袋東口のシェーキーズ

同じ学部に入学する人たちの交流会に参加していて、キラキラした茶髪の女の子たちと、キャピキャピ会話することに少し疲れて、トイレに立った。

そこで壁に寄っかかって、つまらなそうにしている、背のひょろりと高い落ち着いた雰囲気の女の子を見つけた。

なんて話しかけたのかは忘れたけど、あ、私以外にも疲れてるっぽい人いた。と思って声をかけたと思う。

 

それから少し仲良くなって、入学した。

健康診断は、一緒に行ったと思う。

ひとりで、たまたま誘われたサークルの新歓コンパに行ったら、その子がいた。

まだ入学して1ヶ月も経たないうちにある私の誕生日を祝ってくれた。(ここでもピザを食べた気がする)

一緒にお茶をしたり、お酒を飲んだり、恋愛相談したり、他愛もない話をしたり、散歩したりした。

一緒にバンドを組んだ。

 昼から、西池袋公園(ウエストゲートパークではありません)でお酒を飲んだりした。

授業をさぼったりした。

 

何だかそんな感じで、四年間たぶん一番長い時間一緒にいた友人だと思う。

私たちは学部とサークル以外の共通項こそ少なかったけれど、同時にいろんな人と出会い、共通の友達が何人もいて、いろんなことを共有して来た。

社会人になっても、仕事が終わった後、11時くらいに渋谷に呼び出して、終電まで飲んだりしていた。

 

とまぁ、そんな友達が遊びに来てくれて、めちゃくちゃ楽しかった話をします。前置きが長い。

 

仙台駅の中央改札の向こう側に、4月振りの彼女を見かけて、荷物の少なさが予想通りで笑った。

全然荷物が入ってなさそうなパフパフのリュックひとつに、多分うちへの手土産と思われる紙袋ひとつ。

 

仙台駅は全国高等学校総合文化祭のせいで高校生で溢れかえっていたから、とりあえずアーケード商店街へ行く。

とりあえず、ひょうたん揚げ食べる。

f:id:stndk03:20170804210603j:image

アメリカンドッグっぽい生地の中に、笹かまぼこの有名店・阿部蒲鉾店のかまぼこが入っている。これにケチャップをかけて食べる、仙台の隠れたB級グルメ

 

冷やし鶏そばという言葉に惹かれて、適当な蕎麦屋に入り昼ごはんを食べたら、車で宮城県美術館に移動する。

館内は総文祭一色だったけれども、目当てはそれではない。

併設されているカフェ、モーツアルトでお茶するため。

カフェ モーツァルト・フィガロ

食べログカフェ モーツァルト・フィガロ

かぼちゃとリンゴの焼きタルトが、めちゃくちゃ美味しかった。

気候がとても気持ち良くて、テラス席で風に吹かれながらお茶するのがすごく幸せだった。

 f:id:stndk03:20170804211613j:image

そのあと、美術館の周りをふらっと散歩。広瀬川の上にかかる澱橋を渡り、わたしの母校の高校を訪ねるなどした。

 

そのあと、晩ご飯までの間、榴岡公園に行ったら、噴水で虹ができてた。

f:id:stndk03:20170804230231j:image

大学生の女の子二人組がシャボン玉吹いてて可愛かった。

 

わたしたちは噴水の周りのへりや、ベンチに腰掛けながら、まだまだおしゃべりが尽きなかった。

最近のこと、学生の頃の話、友達の話、職場の話、目の前の男の子とお父さんの話。

 

頻繁に会っていた頃は、私の方がベラベラしゃべって、それを聞いてもらう感じがあって、それはそれで楽しいのだけれど、今回は友達も同じくらいいろんなことを喋ってくれて嬉しかった。

 

そのあと、伊達の牛タン本舗本店で芯タンをたべた。芯タン知ってます?タンの芯です、柔らかくて美味しいのです。

 

仙台人は高いしあまり牛タン食べないけど、やっぱり仙台の牛タンは厚くておいしい。

f:id:stndk03:20170805000730j:image

そして、家に帰って、途中ローソンで買い出ししたお酒とおつまみで家飲み。

一人暮らしの時を思い出してとても良かった。

私のベッドの脇に布団を敷いて、そこにちょっとゴロゴロしながらダラダラ缶ビールを飲む。

チープなおつまみ。ポテチ、漬物、乾き物、ごぼうサラダ、とかとか。

途中、東京の友達とテレビ電話とかしちゃって、最高の夜だった。

多分寝たのは3時近く。25歳にもなって夜更かしにドキドキしてしまった。

 

次の日、朝から見知らぬ人がいるので犬が吠えまくったけど、友達が犬にもお土産をくれたのでとても懐いていた。現金なやつ。

f:id:stndk03:20170805234629j:image

サンマをくれたよ。よかったね。

 

早めに家を出て、電車で塩釜へ行く。おいしい寿司を食べに。

本塩釜」駅の、すし哲さんという有名店に行こうと思ったのに定休日。でも、止むを得ず入った亀喜寿司さんもおいしかった。

友達はわさびが食べれないのにサビ抜きにするのを忘れてたから、必死にシャリのワサビを自分で抜いてたのがめちゃ可愛かった。

 

またJR仙石線に乗って、こんどは「松島海岸」駅へ。

やっぱり駅からの眺めが一番最高だ。さすが日本三景

昔はどこが?と思っていたけれど、大小様々な島から伸びる松、それによって海に浮かぶ島のシルエットは、確かに風流で美しい。

 

松島といえばカモメにカッパエビセンやらにゃ〜〜

と思って遊覧船のチケットを買う。

 

…ところが(あぁ、先輩との仙台観光がフラッシュバックしますね)、遊覧船場でのカモメ(ウミネコ)への餌やりが数年前に禁止されていたわけですね。

ウミネコへの餌付けが禁止されます - 宮城県松島町

 

そういうことなら仕方ないと、気を取り直して遊覧船に乗船。

 

いや、日本三景だし、綺麗なことは綺麗なんだけども、いかんせん曇り空と前日の寝不足があいまって、

50分間の遊覧時間の間ほぼ、友人と2人寄っ掛かりあって寝てしまった。

 

なんだか、2人で受けた授業を思い出すね、なんて話していた。

 

二人で一緒にとった授業で、ふたりして寝てしまって、コメントペーパー(授業の出欠を取ると同時に、授業の感想の収集やその日の小テストなどをするための紙)が回ってきたときに二人とも起きて、かろうじて書いていた板書をもとにチンプンカンプンな感想を書いたりした。

 

ともあれ、船の上でゆっくり寝たことで眠気はとれたのでまた仙石線に乗り、今度は「中野栄」駅へ。

仙台うみの杜水族館に行くためである。

 

夏休みなので子供づれがほとんど。

小さい赤ちゃんなんかをみて、友人は「お金を払って赤ちゃんを触れるお店とかないかな〜〜」などと言っていた。怖い。ちょっとわかるけど。

 

水族館では、大水槽が目玉で、何故かサウンドに力を入れていたので爆音映画祭並みの迫力で音がなっていた。

イワシの群れが音楽に合わせて勢いよく、いろんな形に泳いで行くのはなかなか見ごたえがあった。

イルカショーの最前列は濡れるためにあると知った。

 

3年くらい前にも、この友達と江ノ島水族館へ行った。

社会人一年目で、海に行きたいねって言って江ノ島へ来たのにほぼ水族館にいた。

その時、彼女は水色の液体の中にカラフルなゼリーが浮いたジュースを買って、「美味しくない…」とボヤいていたのに、

今回も懲りずに、緑色の液体の中にイクラのような赤いプチプチが浮いたジュースを買って「きもちわる…」と言っていた。学習は大事だね。

f:id:stndk03:20170806094423j:imagef:id:stndk03:20170806094528j:image

 

水族館を一通り見終えると17時を過ぎていた。

友人は19:30の新幹線に乗って帰ってしまうと思うと、すごく寂しくなった。

仙台駅に戻って、お土産を買って、駅内のダイニングバーみたいなところで軽く飲んだ。

 

そして中央改札で見送った。

なんだか少し泣いてしまった。

友達に会えないことが、こんなに寂しかったのだと、改めて思った。

家族にも、彼氏にも言えない話だけど、わざわざ電話したり、LINEや手紙で文字にするほどでもない話は、意外とたくさんあって。それを話せる相手というのは、友達というのは、本当に大事だ。

 

大好きだーーー!

 

と、仙台駅を後にしようとした時、

自分が、さっき友人から借りたカーディガンを返し忘れていることに気づいた。

 

急いで電話して事なきを得た。

さっきあんなに感動的なお別れをしたのに、お互いヘラヘラ笑って別れた。

こっちの方が私たちらしい。

 

あーーー楽しかった。

 

ここまで書くのにとても時間がかかってしまったけど、残しておきたかったのです。

今日からまた出来るだけ毎日書きます。

 

 

後悔

後悔

  • 柴田聡子
  • J-Pop
  • ¥250

かわいい。