ピンクとキラキラ

こんにちは、25歳女が日々思うことなどを書きます。

綺麗サッパリ、スーダラ節

昨日は、大学の部活の後輩と彼氏と飲んだ。彼氏も、部活の後輩なのでプチ同窓会みたいな感じだ。

 

後輩(彼氏じゃない方)が20時まで仕事だと言うので、その前に彼氏とオクトーバーフェストへゆく。

 

雨のあとの錦町公園は、蚊が大量発生していて、スカートを履いて着たことを後悔した。

ビール、彼氏と500mlのを2つ買って交互に飲む。

f:id:stndk03:20170714101312j:image

オクトーバーフェストの良いところはその陽気なドイツの音楽であり、ついついグビグビ飲んでしまう。

糖質制限は遠のく。

 

彼氏は半分くらい飲んだところで、真っ赤になり、「ちょっと休憩」。

その間に私は片方を空けてしまい、まだ飲み足りない。

彼氏がふざけて言った「ラージにすれば?」を鵜呑みにして1000ml(1リットル!)のビールを買う。

でかいジョッキで小顔効果〜〜と写真を撮ったらとても可愛く撮れた。ラージビアジョッキ万歳。

彼氏にチョビチョビ手伝ってもらいながらちょうど20時頃にジョッキを空にした。気づけば割とベロベロだった。

 

酔い覚ましに、と駅前まで歩く。

最早、街中の地理は彼氏の方が詳しい。

悔しい。もっと高校生の時遊んでおけばよかった。毎日塾に通うガリ勉少女だった。

 

彼氏が近道を知っていたおかげで、待ち合わせ場所にすぐ着いて、酔いは覚めなかった。

 

適当な店を選んで入る。

後輩が変わってなくてホッとする。

最近、大学でずっと付き合っていた子と別れて、部活の後輩と付き合い始めたらしい。後輩の恋の話は楽しい。無責任にほじくったりできる。酔っ払っているので完全にお節介ババアと化す。

仕事の愚痴なども聞く。

(後輩もまた、彼氏と同じく、縁もゆかりもない仙台に配属された人。仙台配属、多い。)

なんとなく全体的に辛くて仕事を辞めたい、と言うので、なぜ辞めたいかちゃんと言語化できてからやめろ、とお節介ババアながら至極真っ当なアドバイスをした。

終バスの時間が迫ってきたので22:30には店を出た。

 

 

そこからが問題なのだ。

 

店を出たあたりから、記憶が曖昧なのだ。

気づけば今日の朝だった。

なんだか、せっかくバスに合わせて地下鉄に乗ったのに、彼氏の部屋に行ったのはうっすら覚えている。

 

多分タクシーを捕まえて、ちゃんと自宅に戻ったのだろうけど、タクシーのレシートもないのでめちゃくちゃ不安だ。

 

起きたら、ちゃんと携帯は充電してあり、おやすみタイマーをかけて冷房をかけた感じがあり、なんとお風呂に入った形跡(髪が濡れている)まである。

 

私はよく前職でも、記憶をなくすまでお酒を飲んだけども、記憶がないあたりの自分のしっかりし具合には我ながら驚く。

一人暮らしの頃は、記憶をなくすほどベロベロになっている間、タクシーを捕まえて自宅に戻ることはもちろん、ちゃんと玄関の鍵を閉め、シャワーを浴び、水を飲み、めざましをかけ、布団をかぶって寝るということは容易いことのようだった。

 

とりあえず、両親には悟られまいと平静を装っているけど、2日酔いがめちゃくちゃひどい。

飲むヨーグルトが胃に沁みた。

なんだか、不良娘になった気分。

もう、そんな歳ではないのに。

 

でも、何も言われないから、普通に帰ってきたんだろうと思う。

彼氏にLINEすると、普通に帰って行ったよ、と言われた。

普通に帰るってなんなんだ。綺麗に記憶は真っ白。

 

ラジオから流れてくるハイテンションな女の人の声が頭に響く。

氣志團のワンナイトカーニバルがイラつく。中学生の時の文化祭で、クラス毎のステージ出し物で、綾小路翔役やったことを思い出す。

中1の頃の、あの緊張感は思い出せるのに、昨日の晩の普通の帰り道が思い出せなくて情けない。

 

お酒はしばらく控えよう、と何十回目かの決心をする。

お酒は飲んでも飲まれるな、わかっていてもやめられない。

 

Ein Prosit

Ein Prosit

  • Hans Fröhlich
  • ジャーマンポップ
  • ¥150