ピンクとキラキラ

25歳女が日々思う、分かりきったこと

彼氏との旅行(岩手-小岩井農場と猊鼻渓)

一昨日・昨日と、彼氏と岩手旅行に行って来た。

 

小岩井農場に行って、ソフトクリーム食べて、ペンションに泊まって、川下りした。

 天気は二日間とも良好で、ずっと緑を眺めていたような気がする。

 

 

小岩井農場では宣言通り、水上ハムスター。

平日の昼過ぎだったので全然人がいなくて、お陰で恥ずかしがる必要もなくハムスターボールにインできた。

f:id:stndk03:20170711231733j:image

炎天下プラス密閉空間で伝わるかと思うけれども、中はサウナ状態。

初めは、制限時間が4分って短いな〜と思っていたけど、4分が限界。

終わった後、彼氏に「正気じゃない」と罵られた。

 

懲りない私は、トランポリンバンジーにもトライしたけど、両腕が何故か筋肉痛になった。

高所恐怖症の彼氏が、下でずっと動画を撮っていたので見せてもらったら、自分では華麗に跳んでいるつもりだったのに、全くもって動きが軽やかではなかった。

↓トランポリンバンジー、こんな感じ。

f:id:stndk03:20170711232335j:image

ここまでで、せっかくおろした新しい黄色いシャツが汗でビショビショになって(自業自得)テンションがだだ下がりしたけど、おいしいソフトクリームを食べて持ち直した。

ソフトクリームは最高。

 

あとは、牛舎に行ったり、ひつじショー(ヒツジも暑くてバテてた)を見たり、木工体験でフォトフレームを作ったりした。

彼氏は貯金箱を作ってた。

そうだね、貯金は大事だね。

工作系が2人とも好きなので時間を忘れてしまって、結局閉園直前までかかった。

小岩井農場は、どこへ行っても緑がきれいで、とても心が穏やかになった。

 彼氏も私も、小さい頃に来たことがあって、その時の写真の見せ合いなどをしたのもとても良かった。

彼氏が小さい頃、本当に可愛かった。今じゃオヤジ顔なのに。

 

f:id:stndk03:20170712081600j:image

 ↑小岩井農場。奥に、ハムスターボールやバンジーが小さく見えます。

 

 

ペンションは夏休み前の閑散期なのか、宿泊客が私たちしかいなくて、おじさんおばさんの 家に泊まりに来たみたいになっていて、とてもリラックスできた。

 

彼氏と泊まりで出かけた時、2人でお酒飲みながらテレビを見る時間が好き。

お風呂の後、岩手の地酒「南部美人」をチビチビしながらバラエティをみていて、幸せだなぁと思う。

 

 オーナーのおばさんが、晴れているし星がきれいかもよ、と教えてくれたので、ほろよいで外を散歩した。でも、なかなかないくらいに月が明るくて、星が霞んでしまっていた。

残念。

でも、彼氏と星を見るなんてロマンチックな事をしたことがなかったので、2人で夜空を見上げる時間も悪くなかった。

 

小岩井農場でだいぶ体力を消耗したからか、早めに寝てしまったので、早朝に目が覚めた。

 

彼氏とめちゃくちゃ怒鳴りあう夢を見て、気分最悪で目覚めたけど、夢占いで調べると「思わぬプレゼントを受け取る吉夢」と出た。

わざわざ起こして彼氏に報告すると、「これのことじゃない?」と。

山で、お尻の下に敷くマットと、欲しいと言っていた東北の山の本を渡される。

「いつも、山で料理作ったり、調理方法調べたりしてきてくれるし、こないだコッヘル買ってきてくれたから」と。

不意打ちでもらうプレゼントは初めてでめっちゃ嬉しかった。怒鳴りあう夢の気持ち悪さはあっという間に吹っ飛んだ。

 

朝ごはんの時間は8:30にしてしまっていたので、少しふたりでゴロゴロしてから朝風呂に入った。

 

のんびりな朝はよい。

ゆっくり朝食をいただいて、ゆっくり荷造りをして、9:30にはチェックアウト。

オーナーのおばさんが教えてくれた人気のジェラート屋さんに寄ると、開店直後にもかかわらず車が数台停まっていた。

彼氏は、人気ナンバーワン・ナンバーツーのミルクとラムレーズンをダブルで。

私は、パインとチーズをダブルで。

中の席がすでに満席だったので外のベンチに座って食べていたら、ダバダバ溶けていって手がベタベタになったけど、めっちゃ美味しかった。けど、ダブルは少し多かったかも。

 

道の駅に寄ってお土産を買いながら、ジェラートでベタベタの手を洗う。

 

ジェラートを少し急いで食べたからか、2人ともお腹が痛くなりながら、地元で人気の焼肉屋さんで早めのお昼ご飯。

肉を食べたら、ふたりとも腹痛が治り復活。肉は偉大。

 

このへんで、ずっと運転手だった彼氏が疲れて来たので、束の間の運転手交代。

教習所ぶりの高速道路はヒヤヒヤした。

 

猊鼻渓(げいびけい)という渓流へ。

船に乗って川下り(行きは登って帰りは下る往復コース)。

これが緑の季節、水面にも緑が映ってめちゃくちゃきれいなのだ。

f:id:stndk03:20170712091713j:image

 船頭さんの舟歌を聴きながら緑と岩の壁に囲まれた渓流をゆるゆると登って、下る。

緩やかな流れなので、小さい魚がついてくる。たまに鴨もついてくる。あと、でっかい鯉もいた。

f:id:stndk03:20170712100240j:image

舟歌は、岩の壁に反射してエコーがかかって心地よい。

船頭さんが、敢えて日陰のところを選んで通ってくれるので心地よい風で汗を乾かしてくれた。

 

彼氏がしみじみと、

「俺は、自然の中でゆっくり過ごすのが一番好きだなぁ、田舎はいいなぁ」

などと無責任な事を言う。

仙台に転勤が決まる前までは、東北なんて田舎だし御免だ、と言っていたくせに。

でも、自分が生まれ育った地方を好きになってくれると嬉しいものだな。

 

舟から降りて、帰路につく。

仙台と岩手は割と遠い。

猊鼻渓から仙台は1時間半くらい。

一度眠くなったら止まらない彼氏に変わって、もう少し私が運転を担当。

 

いつも、少し危なっかしい運転をされる度にガミガミ言ってしまっているけど、自分が運転してみると、助手席からガミガミ言われるのはだいぶイラっとくる。

危なっかしい運転にも、ガミガミにも、気をつけようね、と彼氏と話しながら彼氏はうたた寝。

 

1時間ほど高速を走ったあと、また彼氏に運転交代。

彼氏が寝ないように、心理テストなどをする。

あまり良くない答えは「この心理テストはダメだ!」ということにしつつ、いい感じの答えが出ると「めっちゃ合ってるわ〜」と鵜呑みにする、都合の良い心理テスト。

楽しいのであっという間に彼氏の家に到着。

 

たいした運動もしていないのに、2人とも体力が限界だったので、彼氏の家で昼寝(夕方寝?)。

冷房をゆるくかけて、扇風機も回して、一枚のタオルケットを2人でお腹に乗っけて、夏休みに遊び疲れた兄弟みたいに寝た。

 

起きたのは3時間後。めっちゃ寝た。

ガストに寄って遅めの夕飯。

ほうれん草めん(糖質制限中の方にオススメ!)という表示を見て、自分が糖質制限ダイエットをしている事を思い出す。

 

おろし豚カツにしようと思っていたのを、ほうれん草めんの担々麺に変更したけど、時すでに遅し感。

 

帰ってから体重計に乗ると、減ってきていた体重が少し戻っていた。

 

時すでにお寿司…でもめちゃくちゃ楽しかったから良しとする。

今日からまた頑張ろう。

 

(あ、ドラマ「カルテット」、めちゃくちゃハマったんですが、DVDボックス買おうか迷い中。)

 

とりあえず、とても良い休日でした。

 

今回のドライブBGMは、ビートルズポルノグラフィティスピッツ、SEBASTIAN X。良い感じです。

 

Hello, Goodbye

Hello, Goodbye

アゲハ蝶

アゲハ蝶

群青

群青

新世界によろしく

新世界によろしく

  • SEBASTIAN X
  • J-Pop
  • ¥200